HTMLを利用したホームページ

ホームページの作り方

ホームページを作る際には、HTML言語という専用言語を利用するのが基本となります。しかし、現在ではHTMLを使用しなくても専用のホームページ作成ソフトを利用することで、誰もが簡単にホームページを作成できるようになりました。専用ソフトには無料のタイプと有料のタイプがあります。もちろん、有料のものの方が機能が高く、見栄えの良いホームページを作ることが可能です。また、一般的なワードプロセッサーソフトでもファイル保存形式をHTML形式にて保存できるものもあり、ワープロソフトでホームページを作成することも可能です。他の方法としては、ホームページが作成できるWebページを利用したり、専門業者に頼むという方法もあります。

HTMLを利用すると何ができる

HTMLを利用すると、ホームページを作る際に特別なアプリケーションを購入する必要がないというメリットがあります。また、HTMLの知識があると文字に色を変えたり、大きさを変えたりも簡単にできるようになりますし、画像にリンクを貼ったり、文字にリンクを貼ったりなどが短時間で簡単に行えるようになります。なお、HTMLの最新バーションであるHTML5を利用すると、特別なプラグインを使用せずに映像や音声を再生できるようになりますし、HTML5では複数デバイスへの対応が前提とされている言語となりますので、一つのHTMLコーディングにてガラケーからスマートフォン、パソコンに至るまで全てのデバイスに対応させることが可能です。

会社のサイトを作るためには、まず業者にホームページ制作の見積もりをしてもらうことがお勧めです。見積もりを踏まえて、どういった内容を盛り込むかよく吟味する必要があります。