文字の大きさや間隔を調節して見やすく

見やすくなるように考え、チャンスロスにならないように考えよう

ホームページはただ単に作ることだけでは相手に内容を伝えにくく、見やすくしないとチャンスロスになり意味がなくなります。文字の大きさや間隔は揃っていないと相手が読みにくくなり、不快にさせて逆効果になるために注意が必要です。文字の大きさはフォントやサイズで調整し、画面の大きさに合わせてスクロールせずに読めるように工夫して決めると効果があります。ホームページはただ単に文章を長くすると読むために必要な時間がかかり、相手に見てもらえないこともあるものです。

このように、ホームページは文章が長くて読みづらいと閲覧してもらえないため、チャンスロスになりなるべく避けてください。
また、作成する時は相手に興味を持ってもらえるよう構成を決め、適切な内容にすることを心がけましょう。

伝えたい部分を見やすく、相手に興味を持ってもらえるようにする

ホームページは店のサービス内容等を伝える手段として役立ちますが、コンテンツを決めないと意味がないため注意が必要です。文字の太さは強調したい部分は見やすくすることや色を変えると読みやすくなり、間隔は適度に開けると見やすくなります。商品やサービスなどを説明する時は複数の段落に分けると見やすくなり、画面の大きさを確かめて相手に配慮して検索しやすくすると効果的です。コンテンツは画面の上または左に目次のように並べ、クリックするとすぐに見たい画面にアクセスできるようにすると閲覧数を増やせます。

このように、ホームページは相手に見やすくすることを心がけ、工夫して構成を決めるようにしましょう。
しかし、サーバーの容量が小さいとアクセスに時間がかかり、チャンスロスになるため注意してください。